NEWS

おしらせ

暮らしに寄り添うものだから、 長く愛されるデザインを作り続けたい。

日本では長い間、カーテンは、光を遮るという「機能としてのもの」としてみられてきました。一方、ヨーロッパでは、窓辺を飾るという文化が長く親しまれ、その中で「装飾としてのカーテン」が育まれてきた歴史があります。当社も、日本ではいち早くオリジナルデザインのカーテンをプロデュース。エレガントなデザインやモダンな模様まで幅広い「modeS」シリーズや、植物をモチーフにしたシックなデザインの「ULife」シリーズ、医療系施設や教育系施設専門の「Face」シリーズなど多彩に手がかけており、防火性やお手入れしやすさなど素材の機能性も研究を重ねています。

続きを読む